VIVA エスパーニャ!!!

スペイン中がお祭り騒ぎです!!!!

ウィンブルドンではナダルが優勝、サンフェルミン(牛追い祭り)も盛り上がっており、そして*****

            ★★★★★ FIFA ワールドカップ スペイン 優勝 ★★★★★

                  おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!
f0178084_4404862.jpg
                                         ※spain world cup blog より掲載

選手達は開催地の南アフリカから戻るとすぐに、スペインの主要都市での優勝セレモニーに参加。

日本チームの応援も含めて、こんなにもハラハラドキドキ感を味わったのは本当に久しぶり。
日本戦では、日の丸の旗を持って応援しましたよ~。(地元のBARでですが・・・)
スペイン戦では、大声を張り上げてスペイン人も驚くほど熱狂サポーターになっていました★
決勝でのイニエスタのゴールシーンでは、飛び上がって叫びました!!

決勝まで導いたビジャやプジョール、バスク出身の天才MFシャビーアロンソ、セスクやラモス、キャプテンGKカシージャス、優勝を決めたイニエスタ、そしてデルボスケ監督を筆頭にその他の選手も全てスペインを代表する超一流選手達の集まり。サッカー界を代表する華やかなスター達にスペイン市民は大きな期待を抱いて今回の世界大会を見守っていたようです。

経済下降が続くスペインでは、単なる優勝する喜びだけではなく、優勝後の景気効果に良い影響があるようにと
すがる気持ちで応援していた市民もとても多かったのではないかなと思います。そんな重要な責任を担っての試合で
見事に優勝を果たしたスペインの選手達。
この業績はスペインの歴史的な遺産として残っていくのでしょうね***

4年後のブラジル開催での日本やスペインチームの活躍が今からとても楽しみです♪♪♪ 


f0178084_5295678.jpg

[PR]
# by asabagel0404 | 2010-07-14 04:26

ナチュラルライフ

南アフリカが熱いですね~、いよいよ始まったFIFAワールドカップ☆

熱狂ファンではないのですが、スペインで生活をしていると、サッカーの情報が自然と入ってくるためか、気付けば
オーディエンスの気分になってしっかりと応援しております。
日本チームもぜひ頑張ってほしいのですが、スペインチームは素晴らしい選手が揃っているので
素人の私でもとても楽しめる試合になるのではないかなと期待大でテレビの前にかじりついています。

サンセバの地元チーム、レアル・ソシエダがリーガエスパニョーラ2部リーグから1部リーグへ上がることが決まり、
ワールドサッカー以上に??こららもとても盛り上がっています。
経済不況が悪化するスペインだけに、サッカー効果で少しでも景気がよくなることを祈っているのですが
どうでしょうか・・・。

我が家も最近はできるだけエコ生活や節約生活を心がけるようにしています。
エコバック持参が習慣になってきましたよ~♪♪
今年の冬から手を加えていなかったテラスでのガーデニングも再開です!

f0178084_443170.jpg
GUINDILLA(ギンディーヤ)と呼ばれるスペイン産唐辛子が
実をつけ始めています♪
酢漬けが一般的な調理法で、BARでピンチョとして
親しまれている一品。
暑い日にはチャコリとよく合う優れもの。
実が大きくなりすぎると、ピリっと辛くなってしまうので、
毎日実の成長具合を見てちょうどよい大きさになった頃に収穫するのが今の楽しみ☆
昨日はケンチョスが試食をしたのですが、口に入れた瞬間涙が・・・。
激辛だったようで、収穫時期が遅かったかな。。反省デス
ミニトマトも育てているのですが、こちらは一向に実がつかず、
意地になってせっせと水をあげています。
早くあの真っ赤な実をつけてくれないかな~。


公園や郊外の山は緑一色になってきました。先日、ドライブの途中で道に迷った私達を丁寧に案内してくれた
おじいちゃんに出会いました。毎朝自宅から山に向かい、2時間ほど登山をされているとのこと。
ピンと伸びた背筋と張りのある威勢のいい声がとても印象的でした。
私もそのおじいちゃんを見習って、毎朝学校までの道のりを早いペースでウォーキングしています。
最初は急な坂道がとてもきつかったのですが、毎日毎日歩いていると、慣れるものですね、足が軽くなっていることに
気付いて嬉しくなりました。
時間があれば、次はジョギングにも挑戦してみようかなと考え中。

f0178084_45312100.jpg

母を連れてバスクの山へドライブに行った際に、親子連れの馬に遭遇。こんな近くで自然に出会える機会が
日本ではなかったようで、子供のように喜んでいました。
私はすっかり慣れましたが子馬は格別ですね、とても愛らしくて自然と笑顔になってしまいます。

これから夏に向けて、サンセバの町全体が一番アクティブになる時期。
グルメと自然を満喫したい方にはバスク方面の旅行はとてもオススメですヨ♪♪♪
[PR]
# by asabagel0404 | 2010-06-12 03:51 | バスクLife

家族とのバカンス

f0178084_2352679.jpg
大変ご無沙汰していました~!!
2ヶ月も更新できていないことに気付きました。
毎春楽しみにしているチューリップの時期も終わりすっかり初夏に
近づいているサンセバです。
日本はもうすぐ梅雨のじめじめとした季節の始まりですね・・・。
みなさん、頑張って乗り切って下さいね!!
4月は日本から遊びに来てくれていた家族と一緒にお天気の良い春のサンセバを満喫していました。
2回目の訪問である母は、慣れた様子で毎朝公園を散歩、一人でも
カフェをオーダーできるようになってすっかりサンセバに馴染んでいました。叔父は初めての訪問にも関わらず、毎朝3時間ほど街中をくまなく散策して、お気に入りのパン屋さんや絶景ポイントを開拓していたようで、大満足の様子。


今回は母からのリクエストで久々パリにも旅行する事ができました。
典型的なパリに憧れる日本人である私は、あまりにも下準備に張り切り、想像が膨らんでワクワクと胸を躍らせていたのですが、到着して、あまりの気温の低さと久しぶりの都会の雰囲気に初日はすっかり疲れてしまったのです・・・。
せっかくのパリ旅行、気候のせいで台無しにしたくないなと思ったので、まずはパリらしく、モダンなレストランでの食事を楽しむ事にしました。
早く温まりたい一心で予約より1時間も早く入店したのですが、顔色一つ変えず、紳士に対応して頂いたお店の方の
ホスピタリティーに感激。食事の内容とコストパフォーマンスの素晴らしさにも文句のつけどころなしで満足。
お店を出る頃にはすっかりパリマジックにかかっていたように思います♪

f0178084_23275512.jpgf0178084_2331643.jpgf0178084_2326522.jpg


レストラン:LES BOUQUINIS
53 Quai des grands Augustins, 75006 Paris
E-mail : bouquinistes@guysavoy.com
TEL: +33 (0)1.43.25.45.94

寒さも忘れて定番中の定番、エッフェル塔の夜景にも魅了されました。
点滅のイルミネーションはぜひ見ておかなくちゃ!
ちょうど、遊覧船の最後に点滅が始まり、キラキラとパリの街を照らしている様子に釘付け。
何度もシャッターを切って、完全におのぼりさんになってました***

f0178084_23412971.jpg



最後にはアイスランド火山噴火の影響を受けて、日本帰国日が延長というおまけ付きでしたが、ゆったりと流れる時間の中でヨーロッパの春を楽しめたようで、いい親孝行ができたのではないかなと思っています☆
[PR]
# by asabagel0404 | 2010-06-06 23:03 | Travel

春の訪れ~ミモザの季節~

今日は信じられないぐらいの春日和♪ というより初夏に近いぐらい暑かったです。
日本ではちゃんと日焼け対策をしていたのに、ここで暮らしていると、貴重な?日光を求めて、ついつい無防備になってしまいます・・・。
でも今日は久しぶりのお天気なので特別、これから気をつけよう!と自分に甘ーいと思いながらも
お散歩に出かけました。

お散歩と行っても、家のすぐ目の前にあるいつもの公園を一周するだけの簡単コース。
それにしても、みんな同じ思いなのでしょう、公園にいる人の数がすごい!
子供やご老人はもちろん、若いカップルものーんびり日光浴を楽しんでいます。
気温を見ると24度。みんな夏の装いで嬉しそうに歩いている姿を見ながら、私も明るい気持ちになってきました♪♪

そして、この子もいつも以上に元気な様子!? 

f0178084_5145096.jpg


ミモザも満開で、すっかり春らしくなったバスクです。
f0178084_522311.jpg
黄色のふわふわとしたかわいらしいミモザの木は、海外でよく見る機会が多かったので、日本人の私からすると、海外を想像させる花の代表だったのですが、よく調べてみると、房アカシアと呼ばれていて、日本でもフラワーアレンジメントで使われていたりと、春の花として活躍しているようです。
2年前の3月8日にイタリアを経由してサンセバに到着したのですが、
ちょうど8日が「女性の日」という事で、宿泊先のレストランには女性客で満席、至る所にミモザの花が添えられていて、夜遅くまで賑やかな宴会が続いていました。その時、イタリアでは、男性から女性にミモザの花束を贈る風習がある事を知り、私が日本で抱いていたミモザ=外国の花という概念にぴったりだわ!と、独りよがりな想いに浸っていたのをよく覚えています。


そんな初春の訪れを告げるミモザ。  お部屋に飾ってもっと春を呼び込もうと思いました♪♪
[PR]
# by asabagel0404 | 2010-03-18 05:56 | バスクLife

Costa Brava~地中海沿岸への旅~

バルセロナの北東からフランス国境沿いに続くCosta Brava(コスタ・ブラバ)は地中海沿岸の閑静なリゾート地。
サンセバの寒い天候から抜け出して、地中海に降り注ぐ暖かな太陽を浴びたい!というケンチョスの希望で、小旅行に出かける事にしました♪♪

スペインを代表する画家、サルバドール・ダリの生地であるFigures(フィゲラス)とカタルーニャ文化を色濃く残すGirona(ジローナ)に滞在しながら周辺の海岸一帯をぐるりとドライブ。

まず最初に向かった先***
f0178084_4353222.jpg
個人専用の船着場を備えた豪邸が建ち並ぶEmpuriabrava(エンプリアブラバ)を経由して
Roses(ロサス)へ。こちらも個人所有のクルーザーが港に並ぶ高級リゾート地。
特に海外のリゾート地は海側に多いように思います。
絵になる風景を眺めるだけでも贅沢な一時。
シーズンオフという事もあって観光客はほとんどなく、
とても静かでおだやかな1日。
夏はヨーロッパ中からの観光客で海岸一帯が賑わうようです。


今回の旅では、ある有名な場所に辿り着くという目的もありました。
料理界に詳しい方ならピンときたのではないでしょうか!
そう、世界が認める料理界の巨匠Ferran Adria氏が腕を振るったEl Bulli(エルブジ)へ行く事。

f0178084_5125212.jpg
スペインに住んでいるにも関わらず、アクセスが容易ではないため、お値段が高いため、世界で一番予約が
困難など・・色々な理由で行く機会を逃してしまった事がとても残念。色々な憶測が飛び交うEl Bulli休業には多くの人が落胆したのではないでしょうか。お店が閉まっても、ここまで来てEl Bulliに行かなければ意味がない!と半ば使命感のような勢いが感じられるケンチョスの運転で、噂どおり果てしない道のりを抜けながら無事到着!記念写真も撮ったのだけど・・・一度は食してみたかった!というのが本音。いつかまたオープンする日を願うしかありませんネ***

f0178084_20541425.jpg


Rosesからさらに北上し、Cadaques(カダケス)という小さな美しい港町を訪れました。
白壁の家々が軒を連ねていて、所々にある細い路地を抜けると港の
景色が見え、ここを愛したダリに同感を抱きながら、彼の別荘があるPortlligat(ポルトリガット)にも足を運んでみました。

今はミュージアムとして開放されています。
透き通るような紺碧の海を一望できる別荘での暮らし・・素敵ですね!
やはり、ここも夏の観光期になると、大勢の人が休暇を楽しみにやってくるようです。


コスタブラバ沿いにはいくつもの素晴らしい町や村が点在しているのですが、中でも緑の美しさが際立つ高台にあるBegur(バグール)は、とても美しい景観を持つ村で、小さいながらもおしゃれなレストランやBarもあり、海岸までも近距離とあって、観光客にもとても人気のある場所。 ケンチョスもロケーションの素晴らしさに魅了されたようです☆
f0178084_0251156.jpg


明るい日差しと地中海の穏やかな海は本当に素晴らしいです! 夏に再訪問したい場所の一つになりました♪♪
[PR]
# by asabagel0404 | 2010-03-14 04:37 | Travel