カテゴリ:バスクInfo( 10 )

Jazzフェスティバルへ行こう♪

今年もやってきました、ジャズフェスティバル、JAZZALDIA ♪

昨年のジャズフェスでは初めて行くということもあり、また大好きなジャズを100%楽しもうと意気込み、念入りに
プログラムを調べて行ったのですが、今年は出遅れました!のん気に過ごしていたら、きちゃいました、開催当日が。
そこで、昨日家に閉じこもってネットでプログラムを隈なくチェックしていたら***

あのジャズピアニスト界の大御所、HANK JONESのおじさまが来るではないですか!
f0178084_049229.jpg

アメリカはミシガン州出身の彼は、なんと現在91歳。
50年代から活躍し、数々のミュージシャンとトリオを結成。ジャズ界で知らない人がいない正真正銘、歴代に名が残る
トップジャズピアニストとして現在でも活躍を続けています。
今年2月に日本へ半年ぶりに来日したそうです。 ※写真はHPより掲載
興味のある方はこちらのサイトをどうぞ 

今年は不況の煽りをうけて、開催が昨年より1日短くなっていますが、世界で活躍する様々なミュージシャンを生で聴く事ができる太っ腹なフェスティバルだけに、不況を感じさせないぐらい盛り上がる事でしょう。

少しお天気が気になるところですが、今から野外会場でのジャズを体感してこようと思います♪
[PR]
by asabagel0404 | 2009-07-23 00:44 | バスクInfo

ドノスティアの日

ここ3日間、一歩も家から出れず退屈でたまりません・・・
久々に風邪をひいてしまいました。
それでも、相変わらず食欲だけは変わらず、食べ続けている毎日・・・。

みなさん、体調はいかがですか?
サンセバは昨晩、ものすごい強風で嵐のようなお天気。
今朝は雹が降り、数週間前までのいいお天気はどこへやらという感じです。

風邪をひいたのは、1月20日に行われたお祭りの見物が原因。
オバマ氏の大統領就任式の事ではありませ~ん☆
当日にアップするはずが、間に合いませんでしたが、この日はサンセバの住民が燃えに燃えた1日だったのです!

f0178084_4492139.jpg


「ドノスティア(バスク語でのサンセバスティアン)の守護聖人のお祭り」は20日の深夜0時から旧市街の
Constitucion広場からスタートします。
市の旗が掲げられ、コックコートと軍服に身を包んだ地元の人々が伝統の音楽に合わせて太鼓(tamborrada)を
叩き、観客も太鼓の響きと音楽のリズムに身を任せて踊り、サンセバ中が一丸となってこのお祭りを楽しむという日。
この日はサンセバだけが祝日になるためか盛り上がりようは一年で一番といっていいほど。
地域やサークルなどで構成されたグループが1日中太鼓とともに街を練り歩くパレードが続きます。そして24時間後に同じ広場で旗が下げられお祭りは終了となります。
今回は、創立百周年を記念しての地元サッカーチーム「レアル・ソシエダ」の選手達の登場。
彼等達によって市の旗が下ろされた後、レアルの旗が掲げられるというビックイベントがありました。

このお祭りの由来を聞いたのですが、みなの説明が一様ではないので未だよく解ってないのです・・・。
その昔1830年代のフランス軍からの戦略に関係があると言われている説もあります。

説明が長々となってしまいましたが、要はこの日はお祭りにかこつけて、レストランで食事をしたり、BARで朝まで飲み明かし友人や家族達とパレードを見学したりと、お祭り好きのバスク人が心の底から楽しむための日なのです♪

私もその1人・・・久々に朝までコースを体験したためこんな体調になってしまい・・・反省しなきゃ!

それでも、20日の正午にスタートする子供によるパレードを見たくて、寝不足で意識朦朧とする中行ってきました♪
色々な衣装を着た子供達に目が釘付け! とってもキュート☆ 頑張って来た甲斐がありました。

f0178084_54871.jpgf0178084_549333.jpg


お祭りをこよなく愛する国民性なんでしょう、
パレードに参加している人、観客それぞの表情が輝いていたのが印象的でした。
[PR]
by asabagel0404 | 2009-01-25 04:50 | バスクInfo

秋色のバスク

f0178084_3303392.jpg
ここ数週間でバスク地方は秋から初冬に
すっかり変わりつつあります。
すでに雪が降った地域もあるんですよ。
地元の人達によると、今年はとっても寒くなるとのこと・・・。
雨も連日連夜降り続いているし、こんなお天気の中でバスクの人々はどう過ごすのかな~。

早くも冬の話題になりましたが、気分はまだまだ秋。
特に日本の秋はいいですねー。
紅葉を楽しんだり、秋の食材も魅力たっぷり・・・

日本に思いを馳せていると、どうしても紅葉を見に行きたく
なって、お天気のいい日にバスクの秋を味わってきたので
少しご紹介しますね♪



f0178084_514485.jpg
目的地はALAVA(アラバ)県の県都VITORIA-GASTEIZ(ビトリア-ガステイス)から15km程北に位置する
Ullibarri貯水湖。

バスクを代表する自然豊かな土地、ALAVA県には、自然公園やハイキングコース、キャンプ場がたくさんありますが、中でもこの貯水湖周辺には
大自然が広がり、紅葉を楽しむには
ぴったりの場所。
お天気もよくElgea(エルゲア)山脈の
壮大な風景も楽しめました。


f0178084_5104779.jpg
バスクの山側をドライブすると、のんびりとした田舎の風景に心がすーっと癒されていきます。そして、こんなにかわいい
お馬さんに出会った日にはさらに心が和みます♪
私にとっては放牧されている羊や牛を見るだけでも
自然癒し効果?があるんです。
日本ではこんな風景とは無縁の生活をしていたので・・・。

f0178084_523236.jpg













ここに住んでからは、目を楽しませてくれるかわいらしい草花を見つけるとついついカメラを構えてしまいます。
この植物はなんだろう~??
でもどこか日本を感じさせるのは私だけかな??

夕暮れ時の貯水湖周辺は秋らしい静けさに包まれていました。
貯水湖の奥には「Ullibarri-Gamboa」という美しい村があります。ALAVA県は寒暖の差が激しく、冬の寒さが
特に厳しく、この村一帯も冬は雪景色に変わるそうです。
気候のいい時期にもう一度訪ねたい場所の一つになりました。
f0178084_5351690.jpg


                  ☆Ullibarri貯水湖についての詳細はこちらからどうぞ☆
[PR]
by asabagel0404 | 2008-12-04 03:31 | バスクInfo

サンセバのお祭り~闘牛編~

一週間続いたお祭りがあっと言う間に過ぎてしまいました。
それと同時に朝晩の気温もぐっと下がって夏が主役な街は少し静かになったような気がします。
それでもお天気がいい日にはビーチに集まる人も多くて夜になると遅くまでBARに集まる人達の姿が見られます。
夏ムードがもう少し続く事を期待しながら、今回はお祭りのメインイベントの一つ、闘牛の様子をアップしますネ!

続きはこちらからどうぞ
[PR]
by asabagel0404 | 2008-08-20 19:57 | バスクInfo

サンセバのお祭り~花火編~

日本は連日連夜蒸し暑い日が続いているみたいですね・・・。
みなさん、夏バテに気をつけて下さいね☆

サンセバの気候はと言うと・・・日本より随分と涼しいですヨ!!
太陽の日差しは強いので油断できませんが、朝晩はぐんと気温が下がるので
ジャケットを常備して出かけています。

さてさて、お祭りが続いている毎日、時間がある限りせっせと足を運んでいます。
夏と言えばなんといっても花火♪という事で3日間続けて見に行ってきました。

開催場所は「La Concha」海岸。お祭りの期間中毎晩22:45からのスタートです。
海岸近くから打ち上げられる花火はなかなか風情がありますよ。

開始前の海岸はものすごい見物客で埋め尽くされています。
f0178084_2226612.jpg


スペイン国内他フランスやイタリアの花火師達によって毎晩打ち上げられる花火が変わる点が見所です。
各国の特徴が表されていて、今回はフランスらしいね、などと感想を言いながら見るのもまた違った楽しさがあります。

f0178084_22444044.jpg

見る場所は海岸の他に市役所から海岸沿いの
プロムナードやモンテウルグルやイゲルドからもよく見えるので時間があれば丘の上に登って高台から見ると
格別にきれいな眺めを味わえるかもしれませんね。
今晩、モンテイゲルドの遊歩道から見てみようかなと
検討中***

f0178084_238861.jpg




打ち上げ時間は約20分と短いのですが、
艶やかな色の花火は見ごたえ十分です。
日本の情緒を感じて懐かしい気持ちになりました。

f0178084_23222498.jpg





帰り道にふと目に留まった教会Buen Pastorのライトアップの様子。
花火もよかったけれど、夏の夜を更に涼しく感じさせてくれる雰囲気が素敵です。
前回の記事でも紹介しましたが、音楽祭の期間中、この教会では
オルガン演奏が開催されています。
日時:8月18日(月)、20日(水)、22日(金) 20:30~





夏は見所いっぱいのサンセバ、プログラムを見てはどこへ行くか計画している毎日。
日本のようにいつでもどこでも何か楽しい事があるわけではないので
イベントがあればできる限り参加して少しずつサンセバに溶け込んでいければと思っています☆
[PR]
by asabagel0404 | 2008-08-13 22:14 | バスクInfo

サンセバのお祭り

2008年北京オリンピックが開幕しましたね!!
遠い地から日本選手団を応援しつつ・・・やはりスペイン選手も気になります。

サンセバスティアンもオリンピックまではいかないですが、夏真っ只中の盛り上がりを見せていますヨ。
ジャズフェスティバルに続き、「SEMANA GRANDE」というお祭りが今日から始まりました♪
9日(土)~16日(土)まで開催のこのお祭り、一日中様々なイベントが行われていて子供から大人まで楽しめる
夏の風物詩となっています。
詳しいプログラムについてはこちらからどうぞ

そして、もう一つ、クラシック音楽を堪能できる「Quincena Musical」というお祭も始まりました。

f0178084_17433622.jpg
9月6日まで約1ヶ月間開催されます。
普段お目にかかれないオペラやオーケストラ、スペイン出身の音楽家の生演奏を聴く事ができる絶好の機会なので
とても楽しみにしていたイベントの一つです♪
市内中心に堂々と建つ教会「BuenPastor」ではオルガンの
演奏を気軽に楽しめたりとヨーロッパならではの芸術祭といった感じがするお祭り。
こちらも詳しいプログラムについてはこちらからどうぞ


冬は雨が多くて外に出る機会もぐんと減るので、この8月はできる限りお祭りムードに浸ろうと意気込んでいます♪
周りも同じ思いなのかな、サンセバの小さな街のどこを見渡しても人の山で溢れかえっています。

参加したイベントやおもしろい情報などまた掲載していきますネ☆
[PR]
by asabagel0404 | 2008-08-09 05:47 | バスクInfo

牧歌的なバスクの風景

f0178084_4561213.jpg

サンセバから10Km以内に位置する小さな村「Hernani(エルナニ)」近郊の典型的な山バスクの風景です。
のどかな気分になりませんか***
バスクは海と山両方に囲まれた自然豊かな土地なので、少し郊外に行くと新鮮な空気を感じる事ができて心も身体も
ゆーったりと過ごしたい時には絶好のロケーションです♪

f0178084_575410.jpgf0178084_581244.jpg


Hernaniはバスクを代表する20世紀の彫刻家「Eduardo Chillida(エドゥアルド・チジーダ)」
の生まれ故郷として知られています。市内には12ヘクタールの広大な敷地にチジーダの作品が収められた美術館
「チジーダ・レク美術館」
があり、彼が情熱をかけた野外彫刻他多くの作品を見る事ができます。

f0178084_6584572.jpg
村の中心にあるSan Juan Bautista教会と市長舎。
祝日の為か静かな時間が流れているのも小さな村らしさを感じられるひと時。
建物の外観は壮大で見ごたえがありますよ。
スペインはじめヨーロッパでは小さな村でも教会が
あるのでその都度訪れてはステンドガラスなどの内装飾や好きなパイプオルガンを見ながら楽しんでいます。



そして、この看板が村のあちらこちらに・・・。
f0178084_324199.jpg
バスクの分離独立を求める非合法組織「ETA(バスク祖国と自由)」が掲げるスローガンの看板。フランコ独裁政権時代にバスク文化を取り戻す為に結成され、今でも完全な独立を求めて闘争を続けている集団でバスクに根強く残る問題の一つとなっています。
今年6月にはHernaniの公園にあったETA関連の看板の撤去が裁判員によって命じられたそうです。


のどかな風景を見ていると何の問題もなく平和な時間が過ぎているように思えるのですが、一方で解決策の見えない問題を抱えている事やバスク人が持つ強いアイデンティティなど、ここに住んでいると日本では感じられなかった独特の文化を体感する事が多いです。
バスク語の起源などまだまだ謎が多いバスク地方、やはり不思議な魅力は尽きないなーと実感した一日でした。
[PR]
by asabagel0404 | 2008-08-02 05:09 | バスクInfo

大人の街サンセバ~JAZZフェスティバル~

f0178084_4525833.jpg
サンセバの夏はイベントが盛りだくさん。
今週22日~27日まで開催されている「ジャズフェスティバル」は
夏の一大イベントの1つでスペイン国内外から有名なアーティスト達を
見ようとたくさんの観光客がやってきます。
私もとても楽しみにしていたので早速初日に見に行ってきました。
サンセバ市内中心にあるKursaal(クルサール)前の野外会場と
Zurriola(スリオラ)ビーチは誰でも自由に演奏を聴く事ができます。
その他にもジャズBARやkursaal(有料)では有名なアーティストを見る事ができるのジャズファンにはたまらないフェスティバルなんです。
ジャズに興味がなくても、この時期はサンセバの街が大人のムード一色になるので雰囲気だけでも味わうのもいいかもしれませんね。

プログラムや開催場所についての詳しい情報はこちらからどうぞ



f0178084_21314971.jpgf0178084_21321040.jpg












初めてフルートをジャズに取り入れたアメリカ出身のジャズ界の大御所FRANK WESSと BARCELONA JAZZ ORCHESTRAのステージ。
本場のジャズは息使いが伝わってくるような迫力があって時間が経つのを忘れるほど見入ってしまいました。

f0178084_21535045.jpg


フェスティバルのプログラムはその日によって出演するアーティストや会場、時間帯が異なりますが開始は18:30頃から明け方まで続きます。
Zurriolaビーチにはジャズの心地よい音に酔いしれている人達や飲み物を持参して夏のサンセバを楽しむ人達で賑わっています。




f0178084_21595994.jpg
夜もふけてきた頃には街のイルミネーションとともに
ジャズムードが一気に盛り上がります。
Kursaal会場もおしゃれな雰囲気に包まれていてとてもきれい♪
国際映画祭やフードフェスティバルといった様々な
イベントが行われる会場として有名なKursaal。
ZurriolaビーチとUrumea川沿いに堂々と建つこの2つの建物はサンセバのシンボルともなっています。


Kursaalの向かい側のUrumea川沿いに建つ5つ星ホテル「Hotel Maria Cristina」もサンセバを代表するホテル。
右横に建つ「Teatro Victoria Eugenia」(ビクトリア・エウヘニア劇場)と共に19世紀の建築物として有名です。
f0178084_2223270.jpg


サンセバの夜の町並みはとても美しくて私はどちらかと言うと夜のお散歩が好きなんです。
このジャズフェスティバルはふら~と一人でも出かけてしまうぐらい気軽に楽しめるイベントなので、今夜も少し大人の
ムードに浸るために出かけてみようかなと思っています☆
[PR]
by asabagel0404 | 2008-07-25 05:19 | バスクInfo

最近の収穫

やっとサンセバも夏らしいお天気になってきました♪
バルコニーのハーブ達も太陽の光をたっぷり浴びてすくすく育っています。

f0178084_3542478.jpgf0178084_355244.jpg

チャービル、ディルも新しい葉が次々と伸びて今まさに収穫時。
バジルは虫の餌となりやすいので毎朝虫退治に必死です。これがけっこう大変なんです・・・。
ハーブが育つのを待っていたケンチョスは早速収穫してお肉料理に。~鶏肉とローズマリーのオーブン焼き~
f0178084_2251089.jpg

ハーブ独特のフレッシュな香りを生かしたサラダやパスタも我が家の人気メニューです♪

そして、他の収穫と言えば・・・そう、以前の記事でもご紹介した念願のバスクリネンをゲットする事ができました~!
我が家の食卓が一気にバスクらしい雰囲気になって大満足です。バーゲン価格での購入も嬉しい理由の一つ。

f0178084_22195354.jpg

           「Jean-Vier」の製品で上質な生地とお上品な色使いに一目ぼれして迷わず買っちゃいました。 

そして、これまた念願のものをフランスバスク、バイヨンヌで発見!☆Itxassou(イッツァス村)の黒さくらんぼジャム☆

f0178084_22483051.jpg

少し時期が遅いのですが、ジャムなので
平気平気と即購入!
このジャム、果肉がたっぷり入ってとっても贅沢なんです。さくらんぼの風味を最大限に生かした自然で
とてもあっさりとした味です。
*詳しい情報はおススメブログの「山バスク海バスク」のカオリン情報からどうぞ* 

f0178084_2250591.jpg


同じくおススメブログのyoyoとBiarritz(ビアリッツ)の
ラファイエットに行った時に見つけたもの***
Echire(エシレ)バター。フランスの王室や有名レストランで
重宝されている高級バター。100gでなんと€1.49。
日本でも手に入るのですがお値段は倍以上と聞いて、
またまた迷わず買ってしまいました。

f0178084_23395263.jpg


最後はコーヒーです♪ 
スペインとフランスでは味の違いはどうなのかな・・・。
写真左はスペインブランド「SAIMAZA」。たくさんの種類があるので味の好みに合わせて選ぶ事ができます。
一方・・・yoyoから教えてもらったフランスで人気の
コーヒー「CARTE NOIRE」。まろやかな味わいで
SAIMAZAに比べると癖がなくとても飲みやすいです。



同じバスクでもフランスとスペイン、それぞれ食文化や食材の違いを感じる事が多いのでついつい食べ比べが楽しみの一つとなりました☆(このままだと体重が危険・・・少しは制御しないといけないナ~・・・)
反対にバスクならではの共通点や文化がたくさんある点もとても魅力に感じられます。
まだまだ珍しいものや日本では目にする事ができない食材がたくさんありそう***
色々な情報をまたご紹介していきますネ♪


 
[PR]
by asabagel0404 | 2008-07-20 03:59 | バスクInfo

海辺のドライブ

最近お天気もよくなってきたと思っていたのもつかの間・・・
数日前からサンセバらしい?どんよりとしたお天気が続いています。

それでもせっかくのバカンスシーズン!
今日はサンセバ近郊の街をドライブしてきました♪

サンセバには3つの海岸があります。

f0178084_23363257.jpg
写真左は2つの海岸「Ondarreta(オンダレタ)」
「La・Concha(ラ・コンチャ)」がある人気のスポット。
高級リゾート地としても有名。
波も穏やかで、お天気のよい日には海岸沿いの遊歩道をお散歩しながら美しい景観を楽しむ人達で賑わって
います。

f0178084_23392968.jpg





こちらは、サーフィンができる事で若者に人気の海岸
「Zurriola」
海岸隣接の施設「zurriola maritimo」にはカフェテラスや
ディスコがあり明け方まで遊べる場所としても人気が高い理由の一つ。
今月26日から29日まで、ビーチバレーボール世界大会が
開催されます。


そして、サンセバから車で向かったのは***
「Zarautz(サラウス)」→「Getaria(ゲタリア)]→「Zumaia(スマイア)」という3つの海辺の街。
サンセバから約20分の「Zarautz」を拠点に、海沿いを10分も走れば「Zumaia」に到着です。
中間に位置する「Getaria」はとても小さな港町ですが、新鮮な魚が捕れるために高級レストランがいくつかあり、
捕れたての魚を炭火で焼いてくれる美味しい料理を目当てに訪れる観光客が絶えないそう。

私の一番お気に入りの街は「Zarautz」
のんびりと穏やかな海を前に、リゾート気分を味わえるカフェテラスやレストランがたくさんあって、
心身ともにリラックスできる場所です☆
そしてもう一つ、サンセバのBARでお馴染みのチャコリ(微発泡性の白ワイン)の産地としてGetariaと共に
知られています。

f0178084_117174.jpg
「地元のスター」であり
料理界のエンターティナー,Karlos Arguinano
ホテルレストランがある場所としても有名です。
中世の趣がある建物の外観に鮮やかなお花の
デコレーションがよく合っています。



f0178084_17583724.jpg




レストランの奥にはテラスがあり、Zarautzの海岸が一望できるという一等地の場所。
時間が過ぎるのも忘れるぐらいゆったりとした時間が流れています。


f0178084_189147.jpg





市内の路地を一歩中に入ると・・・
とってもかわいらしい家を見つけました。
ヨーロッパらしい色使いに一目ぼれしちゃいました♪








そしてGetariaに向かう途中の道路沿いに建つレストラン「Aiten Etxe(アイテンエチェ)」
典型的なバスクの家を感じさせる店構えでお店の名前もバスク語です。
テラスからはZarautzの海岸を見る事ができるのでドライブ途中の休憩として立ち寄ってみるのもいいですね☆


f0178084_22385284.jpgf0178084_2248483.jpg












3分ほどのドライブで「Getaria」に到着です☆
小さな街の中心地には名物のアンチョビやタコが売られているお店や古い教会があります。
30分もあれば徒歩でぐるっと一周できちゃいますよ。

f0178084_095549.jpg
                       船着場のすぐ横が中心部。一帯にレストランが多数あります。


いよいよ今日の最終地「Zumaia」へ。
とても静かな街で一日中のんびりと過ごしたい方にはお勧めの場所です♪
他の2つの街と同じく夏はマリンスポーツも楽しめます。

今回はお気に入りのBARでのーんびりとカフェをしながら過ごそうと考えていたのですが・・・
たくさん周ったので時間切れとなってしまいました^^***

f0178084_026550.jpg
                     Urola川沿いの民家。バスクらしい雰囲気が味わえます。                        

次回はじっくりと観光してみたいと思っています。いい情報があればまたご紹介しますネ!!
食いしん坊にはかかせない美味しいレストランも探し求めて***

              ☆今回訪れた場所の情報が詳しく掲載されているサイトです















[PR]
by asabagel0404 | 2008-06-25 00:20 | バスクInfo