<< バスクの秋空 Jazzフェスティバルへ行こう♪ >>

夏のラ・コンチャ海岸

7月以上にイベントが目白押しのサンセバです。
ピンチョスの宝庫で観光名所でもある旧市街のBARやレストランには、朝方まで人が絶えません。
冬の静かすぎる印象から一転、こんなにもガラッと変わる街も珍しいほど。

旧市街以上に賑わいを見せているのはLa Concha海岸(ラ・コンチャ海岸)

f0178084_537080.jpg


海岸沿いのプロムナードからビーチを眺めるのが好きなのですが、明らかに日本の様子とは違うんですヨ。
それは年配の方が多いということ!
海沿いを何度もウォーキングするおばあちゃんや、マイチェアーを持参して読書をしたり、おしゃべりを楽しんだりと、
普段の生活を海岸でするという感じ。

そして、もう一つの特徴はなんともトップレス率が多いということ!
全く羞恥心を感じさせない堂々たる様子には、いつも感心です。オーストラリアやアメリカの海岸でも
よく見かけましたが、ヨーロッパのビーチで目にする確率のほうが高いような気がします。
この習慣は、日本人である限りは真似できないような気がしますね***

気持ちいいぐらい太陽の光線を受けている様子も印象的。
紫外線を気にして日焼けする事を避けている私に、真っ黒に焼けた友人達は、夏に白い肌のままだと
不健康に見えるよ、少しでも褐色に焼けた方が健康に見えるよ!とアドバイスをくれるのですが・・・
それでも、やっぱり日焼け止めクリームは手放せませんよね!?

ラ・コンチャ海岸、夜は大人のムードに変わるんです。
人っ子一人いなくなったビーチには穏やかな波の音が響き、ゆったりと流れる時間を感じる事ができます。

f0178084_61635.jpg


この景色を見ると、旅行者がここに来る理由が分かります。
海はバカンスの主役。外でのんびりと過ごすには最適の場所という事を再確認した1日でした♪
[PR]
by asabagel0404 | 2009-08-02 06:39 | バスクLife
<< バスクの秋空 Jazzフェスティバルへ行こう♪ >>